山本 順登

スタッフの声

経験を重ねながら成長を実感

山本 順登

  • 歯科医師
  • 2017年度 医療法人社団ベル歯科 ベル歯科医院研修医
  • 現在5年プログラム3年目

後輩の指導を通しあらためて学ぶ

「しっかりと臨床経験を積める研修施設」を貪欲に探した結果、ベル歯科医院に出会い、入職して3年。これまでに保険診療全般をマスターし、現在は自由診療のバリエーションを広げるべく努力中という山本歯科医師。1日の平均患者数は1年目12人、2年目14人、3年目17人。保険診療と自由診療の比率は8:2くらいで、自由診療が増えつつあります。
「一つひとつの手技のスピードや精度も上がり、イメージ通りの治療ができるケースが増えました。ただがむしゃらに頑張っていた頃を振り返ると、我ながら成長したなあと思います」

成長の原動力は、「自信をもって開業できるような力をつけたい!」という強い思い。それを後押ししてくれているのが、先輩によるマンツーマンの指導、上司によるチェック、仲間との情報交換です。仕事のストレスは、院内歯科技工士に誘われて始めた草野球で解消。「いろいろな職業の人と交流できるのが楽しく刺激的で、ストレスが吹き飛びます」と楽しそうです。

もう1つ、成長の良いきっかけになっているのが後輩への指導です。1人の研修医のメンターとして、朝夕15分ずつのミーティングと臨床の現場での指導をこなします。また、研修医が抱える疑問や不安に応えるのもメンターの役割。「わかっているつもりでもうまく説明できず、勉強し直したり、後輩の素朴な質問によって新しい発見をしたりする日々」だそうです。

海老名市の「オーラルフレイル健診事業」を担当

仕事の幅はさらに広がっています。海老名市と海老名市歯科医師会が協力して2019年4月に開始した「オーラルフレイル健診事業」の担当者を院長より任されたのです。担当者会議は2018年7月にスタート。内容が固まってからは、健診の仕方を院内スタッフに指導し、必要な機材の準備、対象者の絞り込みなどを実施。これまでに院内全体で約70人の健診を行いました。
「う蝕や歯周病によって歯を喪失するケースは減ってきています。一方で、歯が残っているのにお口の機能が低下したために食べることが不自由になってしまう人が増えているんです。全身の健康状態や認知機能とも密接に関係しているオーラルフレイルを早期に発見し、顎や舌の体操などによって訓練することが大事です」
山本歯科医師は、「近い将来、オーラルフレイル対策が歯科の役割のかなりのウエートを占めるようになるのでは」と予測。全国的にもきわめて稀なこの事業に力を注ぐことで、人々の健康増進につなげたいとはりきっています。

年齢の近い歯科医師の独立や産休・育休が続き、常勤歯科医師では3番目の立場になった山本歯科医師の現在の目標は2つ。先輩たちから引き継いだ患者さまから前任者以上の信頼を得ること、そして、医院全体を引っ張っていける存在になることです。

2019年12月インタビュー

CONTACT

〒243-0432 神奈川県海老名市中央1-20-43

  • 海老名駅から徒歩7分
  • 海老名I.Cから3km(約10分) 駐車場11台完備

046-234-0880

【受付時間】9:30~13:00 / 14:30~19:00

FAX:046-231-9905

初めて当院で
診療を受ける方へ

ご予約・お問い合わせ

【受付時間】9:30~13:00 / 14:30~19:00

TOP