▼ MENU

トップ > 採用情報 > 転職歯科衛生士の声

転職歯科衛生士の声

全員が気持ちよく働ける職場づくり

  • T.K

    歯科衛生士/2007年4月から勤務
    歯科衛生士暦22年
各部門を統括する管理職に就任

入職して間もない頃から指導役としての才能を発揮し、若手歯科医師や後輩歯科衛生士の教育・管理も担ってきたK歯科衛生士は、2015年7月の組織改編で正式に統括リーダーに就任した。この改編では初めて、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、事務など部門ごとに、統括リーダーを補佐するサブリーダーが配置され、情報収集も各種指示も、サブリーダーを通して行うかたちに変わった。「これまでやっていた業務のかなりの部分を任せることができるようになりました。いまは上がってくる意見をいかに集約し、それをどう現場に戻していくかを考えています」と仕事や立場の変化を語る。

「まだまだ不慣れで試行錯誤の連続」と言い、「以前なら何かあれば直接現場に行って自分で対処することができましたが、いまはサブリーダーの話を聞いて判断し、対応もサブリーダーを通して行うので、正直、自分の判断が正しかったのか不安になることはあります

と明かす。それでも、「スタッフも増え、すべてに一人で対応するのは現実的に無理。個人的な葛藤はさておき、サブリーダーと協力してより良い組織をつくることに専念したい」と前向きに取り組んでいる。統括リーダーになって約半年。「そろそろこの6カ月間を総括し、あらためてこれからの方向性を定めていかなければ

——。口調こそ穏やかだが、そこには新たな気持ちで仕事に向き合おうとする決意が漲っている。

患者さまのライフステージに寄り添う仕事

ベル歯科医院のスタッフは現在総勢49名。本館、新館と二棟ある医院も手狭になり、2015年12月に増築棟が竣工した。「直接は把握しきれない部分がますます増えてくると思いますが、理想は49名全員が気持ちよく働ける職場をつくること。難しいことですが、一歩一歩、実現に近づきたい」と言う。そのためにも“嫌われ役”を買って出ることにした。「言うべきことは言わなければ改善は進みません。仕事として割り切る部分と、個人として踏み込む部分、そのバランスを大事にしていこうと思っています」。

K歯科衛生士がここまで本気で仕事と向き合えるのは、今後もずっとここで働き続けたいと思っているからだ。「一般に、まだまだ歯科衛生士は歯科医師のアシスタントや雑務全般を担う者と考えられがちですが、当院では違います。予防プログラムの担当者として患者さまを任せていただけるし、歯科医師に意見も言えます。プロとしての仕事を全うできるところがベル歯科の最大の魅力なのです」と話し、これから予防歯科衛生士を目指す人にも、こうした職場を選ぶようにすすめる。そして、「意識的にも技術的にも充実するまでには時間が必要です。だからこそやめないで続けてほしい。続けていればきっと、歯科衛生士が患者さまのライフステージすべてに寄り添うことのできる、すばらしい仕事であることを実感できると思います」と呼びかける。

2015年3月インタビュー

本当に良いと思える職場で働けて感謝

  • Y.T

    歯科衛生士/2015年2月から勤務(2007年9月~2012年3月在籍)
    歯科衛生士歴13年
離れてみてはっきり見えたベル歯科の魅力

海外に出てみると日本の姿がよく見えるといわれる。これと同様に、歯科医院も離れてみてはじめてわかることがある。T歯科衛生士は、ベル歯科医院に4年半勤務したところで一度退職。そして約3年を経て、「やっぱりここで働きたい」と戻ってきた。「もともとほかの医院に受付として入職。その後、歯科衛生士の資格をとり、本格的に予防に取り組める場として2007年にベル歯科医院に転職しました。個人的にチャレンジしたいことがあっていったんはやめたのですが、予防プログラムの質の高さ、歯科衛生士たちの意識の高さなど、他院にない良さにあらためて気づき、復帰したいと強く思うようになったのです」と振り返る。

復帰の直接のきっかけとなったのは、そんな思いを抱きつつ参加したあるセミナーだった。「基礎的な内容でしたが、元同僚であるベル歯科のベテラン歯科衛生士が2名も参加していました。私など足元にも及ばない優秀な人たちが、初歩的なことを真剣に学び直している姿を見て、眩しいような気持ちになりました。こういう謙虚で意識の高い人たちとまた一緒に働きたい! そう思って恥を忍んで相談すると、『いつでもウエルカム』と言ってくれたのです。院長はじめドクターたちも、ほかのスタッフの皆さんも、自然に迎えてくださってうれしかったです」と感謝でいっぱいの様子。現在は、「自分が本当に良いと思える職場で技術を発揮できることを誇りに思っています」と声をはずませる。

職場選びに妥協は禁物

復帰後は間もなく職場に溶け込み、以前のように予防に専念している。充実した日々の中で感じるのは、ベル歯科の予防プログラムの正確さだ。「唾液検査やX線撮影を経時的に行い、データを分析したうえで、それぞれの患者さまに合った予防計画をたてます。科学的な裏づけをもって患者さまに説明するから納得も得やすいのです」。

スキルアップも重ねており、院長や同僚からの幅広い情報を元に有用な講座を選んだり、すすめてもらったりして参加している。最近は歯ブラシの選び方や指導法に関するセミナーを同僚とともに受講。解剖学、生理学などの見地から歯ブラシを捉える考え方や手法を学び、「小さなことも疎かにしてはいけない」と再認識した。

今後の目標は、自分の持てる力を惜しみなく提供すること。患者さまにはもちろん、同僚や後輩、ドクターに対しても、何かの手助けができる存在になりたいという。そのためにもコミュニケーション能力をつけようと努力している。
こんなT歯科衛生士が転職希望者にすすめるのは、納得できる職場が見つかるまで諦めないこと。「見学や試用期間の制度を活用して、遠慮せずたくさんの現場を見るといいと思います。やりたいことをするためには環境がとても大事です。職場選びに妥協は禁物。これが私の転職経験で得た教訓です」。

2016年3月インタビュー


現在の駐車場利用状況

カレンダー

休診日

矯正診療あり

外科診療あり

矯正・インプラント診療あり

ヘルスケア大学ベル歯科医院大人と子どものむし歯予防