院長の活動報告

【レポート】院長ベトナム出張

2022.10.26

ベル歯科医院の院長

3年ぶりの海外講演 in ベトナム

2022年10月26日 ベトナムのタイグエン。タイグエン医科薬科大学。
2022年10月27日 ベトナムのハイフォン。ハイフォン医科薬科大学。

の二箇所で、ベル歯科医院院長の鈴木彰先生が海外で講演をしてきました。

今回は「何故ベル歯科医院の院長が海外で講演しているの?」と「どんな出張だったの?」を(親しみやすく)お伝えしたいと思います。

※院長の旅行記が気になる方は一気にスクロールがオススメです

 

 

何故ベル歯科医院の院長が海外で講演しているの??

ベル歯科医院で行っている「歯科診療所での予防重視歯科診療」の講義を行うためです。

院長がベル歯科医院で始めた「予防中心の歯科診療」は、今までの「歯が悪くなってから歯医者に行って治す」という治療中心型の歯科診療とは異なります

院長は「歯が悪くなる前にできることはないか」と考え、むし歯や歯周病になる前に定期的に歯科医院に通院し、発症を防ぐ「予防中心型歯科診療」の考えを確立しました。

さらに「全身の健康管理の一つ」として『お口の健康』があり、そのために歯科医院での診療がある」と考えるようになりました。

歯科医院でプロフェッショナルケアをうけることや、う蝕抑制効果のあるキシリトールガムなどの甘味料を摂取することで、長期的な口腔内の安定を目指し「いくつになっても自分の歯で美味しく食事できる」「健康管理の一つとしての口腔内の安定」を目標とし、成果を達成しています。

 

院長は「予防中心型歯科診療」の考え方や知識を定着させるために、歯科の学会や研究会などで、歯科医師へ講義を行ったり、行政や企業と協力し一般市民にむけて啓蒙活動も行っています。

その活動は日本国内だけでなく、国外でも強く求められ、度々海外を訪問しています。

 

 

日本フィンランドむし歯予防研究会

院長が海外で講演する場合、大きくわけて3つのルートがあります。

  1. 「日本フィンランドむし歯予防研究会」
  2. 「アジアデンタルフォーラム」
  3. 「歯科医師会の活動や個人の繋がりによるもの」です。

この中のひとつ『日本フィンランドむし歯予防研究会』は、「むし歯予防の先進国であるフィンランドの予防歯科活動に学びながら、日本人の歯の健康を守るための啓蒙活動や研究活動」を行っています。詳しくは『日本フィンランドむし歯予防研究会』のHPをご覧ください。

日本フィンランドむし歯予防研究会HPから引用

 

2022年11月現在、院長は『日本フィンランドむし歯予防研究会』の会長職に従事しています。

日本フィンランドむし歯予防研究会HPから引用

 

 

『日本フィンランドむし歯予防研究会』理事長の日本歯科大学教授羽村先生は、海老名市歯科医師会で講演されたこともあります。

口腔内の環境の安定を通じて日本国民の健康促進に熱心な、とても素敵な先生でした。
(羽村先生、海老名に訪れた際に海老名の国分寺跡を見学して帰られたようです)

 

今回の海外講演は『日本フィンランドむし歯予防研究会』の活動の一環です。株式会社ロッテ様協力のもと、ベトナムで行われることになりました。

 

.

2022年10月院長ベトナムに行く

前置きが長くなってしまいましたが、本題です。

2022年10月26日 ベトナムのタイグエン。タイグエン医科薬科大学。
2022年10月27日 ベトナムのハイフォン。ハイフォン医科薬科大学。

と、約3年ぶりに院長が海外での講演を行います。
久々なのに2日連続です!

3年ぶりですので、用心するにこしたことはありません。

コロナ感染症の空港での検疫や、海外での治安久しぶりの出張と言うこともあり、普段より多めに日程をとられました(院長は基本海外でもトンボ帰り)。用心されていらしゃいました。

出張日当日。
私は「院長は朝から出発し、早めに空港に到着しているのかな?(出社してもいないのだろう)」と思っていたんです。

が。

ベルで仕事をされていました!

昼ぐらいまでお仕事をされていました……!
院長は「自分がいなくてもいいように」と、ギリギリまで調整していたそうです。お疲れさまです。

ある程度の準備が整ったので、私服に着替えてベルを飛び出していきました。

院長、気を付けていってらしゃいませ。

 

 

3年ぶりの成田空港国際線

賑わっています。
しかし、体温測定や消毒が徹底されているのが写真からも伝わりました。まだまだコロナ感染症前と同じ環境に戻ったとはいえません

さらに院長から「(旅費は現地の方が出してくれるんですが)燃油サーチャージがコロナ前の3倍近くってビックリしたよ! なんだか申し訳なく感じてさ」と原油価格の上昇や円安の影響に驚いたことを教えてくれました。

(ライターFが仕事以外で海外に行くのは、当分先になるかもしれません)

 

 

飛行機の中です。

この写真はビジネスクラスでしょうか?(現地の方々のおもてなしの気持ちに恐縮します)。

 

機内食です。

ご、ごうか~!おしぼりが分厚いです!(エクスプレスミールというのを試してみたようです)味はとっても美味しかったようです!

 

飛行中、モニターで「今どこにいるのかな?」と現時点を確認する院長。

紀伊半島を抜けたってことは、日本の領空から出るのも間近ですね。

 

 

 

ベトナム到着

日本からベトナムのハノイまで約6時間、時差は2時間です。院長、長旅お疲れ様でした。

「海外ではマスクをつけない人が多い」と聞いていましたが、こうして空港の写真を拝見すると、ベトナムの人たちはマスクをつけてる人が多い印象です。

 

この日は夜着きましたので、まっすぐホテルに向かいます。

感染対策が徹底されたホテルだそうです。

ゆっくり休んでください。

 

次の日の10月25日は、遠隔でベル歯科メンバーと会議を行ったり、講演内容の最終仕上げを行いました。

ギリギリまで講義内容を検討していたようです。

 

講義1回目

 ■3日目(10月26日)

ベトナムのタイグエン(首都ハノイから車で2時間あまり)。

タイグエン医科薬科大学に到着しました。

 

大学の前で写真を一枚。

いい笑顔です。

一緒に写っているのは、今回の出張をコーディネートした、プロジェクトマネージャーのNさんです。

 

会場の外には看板が出ていました。

 

会場です。

大学の特別講堂で講演を行います。

会場に着いたら、既に多くの大学学生・先生で席がいっぱいです。

挨拶もそこそこに講義がはじまります。緊張しますね…!

 

ベトナムの大学では、講義の前にプロのアーティストたちのアトラクション(ショーなど)があります。院長は出番まで、その見物をすることに。

まず美しい歌(現地の歌手?)。

 

現地の古典芸能(?)。

 

そして、謎の集団のダンス。

ベトナムでは珍しい日本風の制服に、韓国の音楽とダンス。

院長は「日本や韓国の影響受けているのかね~」とおっしゃっていました。ベトナムでは大きなメガネの人が多かったそうです。

 

さて。催し物が終わったので、いよいよ院長の登壇です。

緊張されてる様子が写真から伝わります。

院長の横にいる女性は、現地の歯科医師の先生で、英語をベトナム語に翻訳します。

通訳の先生は院長が英語で話した言葉を、ベトナム語に逐次通訳します。

(院長は英語で講演されたんですね…!)

 

そして、あっという間に1時間30分におよぶ講義は終了です。

院長の講義が終わると、受講した先生や学生から質問も飛び出してきます。

 

大学関係者から記念品をもらって、この日は終了。

民族衣装の正装でもてなしてくれました。

 

キュンです。

(何故指ハートなのでしょうか?)

 

集合写真を撮りました。

(集合写真でも指ハート)

 

これからまた二時間かけて帰って、1回目の講義は終了です。

 

 

講義2回目

■4日目(10月27日)

ベトナムのハイフォン(首都ハノイから車で約3時間)。

ハイフォン医科薬科大学に到着しました。

 

こちらも看板が設置されています。

 

今日は早めに現地に到着。

受講者達の受付の様子が見れました。
受講者達はキシリトールガムのセットがもらえるようです。

 

今日も広い会場です。

 

この日も講義前にアトラクションがありました。

 

 

催し物が終わると、院長の登壇です。

 

会場はほぼ満席です。

 

がんばれ院長……!

 

そうして、この日も1時間30分の講義が終了しました。

 

この日も熱心な学生や大学の先生からの質問が出ました。

 

質問に答える院長

 

無事終了し、ハイフォン医科薬科大学の学部長と熱い握手をかわします。

 

記念撮影です。

(また指ハートです)

 

ベトナムの指ハートの普及率の高さに驚きました…!!

(ベトナムでは、指ハートが流行っているんでしょうか?)

 

この日も3時間かけてホテルに帰りました。
(夕食はギリギリだったそうです。いそがしいですね)

 

 

 

余談

■5日目(10月28日)

院長は、通訳をしてくれた歯科医師の先生に招待されたので、先生の診療所に見学に行きました。

診療所の入り口です。

 

 

お花が活けてあってすてきな受付です。

 

頭をしっかりネットで覆って、衛生面に気を使われています。

お父さんの代から行われている診療所で、30年以上の歴史があるそうです。

今日は診療日ですので、昼休みに前後に見学させていただきました。バリバリ働かれているのが印象的でした。

 

 

■ロッテマート

日本で有名な「株式会社ロッテ」。
ロッテには日本ロッテと韓国ロッテがあり、ベトナムには韓国ロッテが展開している「ロッテホテル」や「ロッテマート」があります。

院長は韓国ロッテの「ロッテ―マート」に行くことにしました。

外観です。

ロッテ、オシャレですごすぎます。

 

院長は今回の出張で感染対策のために「あまり外を歩かないようにしよう」とされていました。
なので、ベトナムで訪れたのは「ホテル」と「大学」と「通訳の先生の診療所」。そして、この「ロッテマート」!

店内の商品を少し見て回ってから帰られたそうです。

そして、院長がお土産に選んだもの!

それは!!

 

BTSのキシリトールガム!!!

 

実はベル歯科医院でBTSが好きなスタッフが多く、以前ロッテさんから「BTSのボトルガム」を頂いたときに争奪戦になっていました。

それを思い出して、院長はこのキシリトールガムを買ってきてくれました。

たくさんです。

院長は帰国してすぐにスタッフに「これ、見つけてきたよ」と声をかけていました。

(スタッフは大喜びして受け取っていました)

 

 

■ブレイクタイム

講義が無事おわり、旅の同行者とほっと一息。

院長先生、お疲れさまでした。

 

 

 


以上で今回のブログは終わりです。

いかがだってでしょうか?

院長の活動を少しでも身近に感じて頂けましたら幸いです。

 

また違う国など行かれたら、こうしてレポートにできたら幸いです。

 


院長の他の活動も是非見てください^^

 

 

この記事をSNSでシェア

CONTACT

〒243-0432 神奈川県海老名市中央1-20-43

  • 海老名駅から徒歩7分
  • 海老名I.Cから3km(約10分) 駐車場11台完備

046-234-0880

【受付時間】9:30~13:00 / 14:30~19:00

FAX:046-231-9905

初めて当院で
診療を受ける方へ

ご予約・お問い合わせ

【受付時間】9:30~13:00 / 14:30~19:00

TOP